クラリセージ

クラリセージ

 

紀元前から宗教儀式に用いられてきたハーブだそうです

中世ヨーロッパで粘液や種をせんじて目の消毒をしたことから

クリアー・アイや キリストの目といういみの オクルス・クリスティ

とも呼ばれてます

中世で質のわるいマスカットワインの香り付けや調整

そして リキュールの香料としても重宝されていたり

または イギリスでビール醸造のときのホップの代用品として

用いられていた時期もあるそうです

いまも香料としておおくつかわれていて

クラリセージは香水 石鹸 化粧品 飲食物の香り付けなど

はばひろい分野で用いられています

おてつだいポイント

神経がとてもつかれていて

イライラというよりも泣いてしまいたいような

よわったこころにたいしてふかいリラックス効果や

癒しおだやかさをくれるため

ラベンダーとならんで

よくねむれる作用があります

 

コラボしやすい香りたち

こころが乱れているときに・・・・ゼラニウム ネロリ

深呼吸したいときに・・・・サイプレス フランキンセンス

ムーディなシーンで・・・・ジャスミン

 

 

千 おススメ 愛をうけとれるブレンド

 

きもちを高め ハートをオープンにして 魅惑的なあなたになります

 

オレンジ・・・・・3滴  クラリセージ・・・・・3滴

バジル・・・・・2滴 スペアミント・・・・・2滴

ユーカリ・・・・・2滴

 

 

毎月2回開催・無料ヒーリング