ジンジャー

ジンジャー

 

日本でもおなじみの食材ですね

ガリや漬物でたべたり 薬味での使用が多いですが

リキュールやカクテルの香りづけや

ジンジャークッキーなどの焼き菓子に

そしてパンに練り込むなど 日常でたくさん

あたりまえに使われています

また 温活ブームの中で何度も取り上げられ

女性の味方というイメージを持たれている方が

多いのではないでしょうか

原産は明らかになっていませんが熱帯アジアというのが有力で

インドや中国では紀元前500年頃から

保存食や薬としてつかわれてきました

ヨーロッパにも紀元1世紀頃にはつたわっていたそうで

栽培は定着しなかったそうですが

胃を温めて消化をたすけるスパイスという

とらえかただったそうで「ジンジャービア」という

「ジンジャーエール」のルーツとされるものが

18世紀半ばにはイギリスでのまれていたそうです

日本では3世紀頃に中国からつたえられ

奈良時代には栽培もされはじめました

日本でもショウガは古くから

体を温める働きがあるとかんがえられていました

ちなみに中国の漢方では生しょうがをショウキョウ

乾燥させたものをカンショウキョウ

蒸した後に乾燥させたものをカンキョウ

などと製法によって同じ部位でもお茶のように

よびわけています

日本では生しょうがをセンキョウ

乾燥したものを生姜

蒸して乾燥したものが乾姜になるそうです

そのまま乾燥させたほうが健胃作用が高いとされていて

蒸してから乾燥させたものは

体を温める働きがつよいとされています

ショウガといってもエッセンシャルオイルでの場合は

イメージするショウガの香りとはややちがう感じがするので

違和感をかんじるかたもいるようです

スパイシーで鋭くてレモンや胡椒を感じるかたが

おおいそうで温かみある香りですが好ききらいは

わかれるところでしょう

 

おてつだいポイント

 

ピリっとスパイシーなジンジャーオイルの香りは

刺激があって集中力や記憶力をアップさせる

効果があると考えられています

ストレスによっての疲労やおちこみに対して

こころを温めるかおりともいわれていますので

やる気をおこさせてくれる香りで

じぶんで行動をおこすことが苦手なひとにとっても

おてつだいしてくれます

またジンジャーは 血行促進やあたためる作用と

吐き気をおさえる作用が高いと考えられているので

乗り物よいものにきくそうです

 

コラボしやすい香りたち

ストレスに・・・・ ネロリ

集中力アップに・・・・ローズマリー  レモングラス

冷え性ケアに・・・・ブラックペッパー   シナモン  ライム

胃腸のために・・・・オレンジ

 

 

 

千おススメ さわやかキュート乙女ブレンド

さわやかさとワクワクさせるような華やかな香りとの絶妙なブレンド。 気分を盛り上げ 乙女なあなたをたのしめる魔法のパフュームです。

 

シダーウッド・・・・3滴    イランイラン・・・・4滴

ジンジャー・・・・2滴   ラベンダー・・・・3滴

ベルガモット・・・・4滴   ペパーミント・・・・2滴

 

毎月2回開催・無料ヒーリング