フランキンセンス

フランキンセンス

 

古代から受けつがれ神秘的な香りですが

近頃 エイジングケアの高い効果が

期待できるとして話題になりました

オイルはパチョリやサンダルウッドなどと

同じく時間がたつほどに

香りが良くなっていくという

かわった性質を持ったオイルとして

しられています

フランキンセンスという名は

中世フランス語の「真正なる香」ということばが

由来といわれています

日本では「乳香」とよばれていますが

樹脂として固まるまえの樹液が

乳白色から橙色であるため

「乳白色の香」とする由来と

運ばれてくるあいだに表面が白く

粉が吹いたようになっていたためという

説もあります

ほかには「オリバナム」という名も使われていますが

これはラテン語の「オレウム・リバヌム」

もしくはアラビア語の「乳」をあらわす言葉が

語源なのではとかんがえられています

フランキンセンスを使い始めた歴史も

非常にふるくて紀元前40世紀のエジプト墳墓からも

埋葬品のなかから乳香が発掘されています

古代エジプトやバビロニアそしてヘブライなど

様々な文明のなかで宗教儀式につかわれてきたと

考えられていて

世界でもっとも歴史ある香りの一つにも数えられています

ふるくは黄金とおなじ価値があるとされ

いまでも乳香の名産地として知られるオマーンでは

「フランキンセンスの国土」乳香の道という

世界遺産も残っているそうです

クレオパトラやシバの女王も

フランキンセンスをつかっていたといわれ

新約聖書でも今から約2000年前に

イエス・キリストが誕生したときの

東方の三博士の捧げものが

黄金・ミルラ・フランキンセンス

だといわれています

フランキンセンスはオマーン、イエメン産の

ボスウェリア・サクラのものが最上級品と

いわれています

オイルは飲み物や香料となっていたり

香水としての需要がとても高いです

日本ではあまりなじみがありませんが

医療用としても研究されているそうです

 

おてつだいポイント

 

古くからスピリチュアルな感性を

高める香りとしてつかわれていて

いまでも瞑想やヨガ儀式などにつかわれています

森林浴効果でリラックスしこころの安定を

強壮効果によってショックからたちなおり

のりこえてゆく力となってくれます

じぶんをみつめなおし

トラウマから脱出したいときなど

瞑想のおてつだいしてくれることでしょう

そして若返りのオイルと報じられたぐらい

アンチエイジングにとって効果が期待できます

まよったらフランキンセンスというくらい

万能な香りといえます

 

コラボしやすい香りたち

 

きぶんの落ち込みに・・・・ベルガモット

元気がほしいときに・・・・オレンジ   ゼラニウム  グレープフルーツ

風邪の予防に・・・・ ブラックペッパー   シナモン

スキンケアに・・・・ローズ   ラベンダー   ミルラ

 

 

 

千 おススメ ミステリアス美人 ブレンド

 

神秘的なかおりをはなつあなたに 男性たちは そのベールの内側にはいりたいと願うことでしょう。

 

フランキンセンス・・・・・6滴  ラベンダー・・・・・3滴

マジョラム・・・・・3滴  クラリセージ・・・・・3滴

ゼラニウム・・・・・3滴     レモン・・・・3滴

 

 

 

 

 

 

毎月2回開催・無料ヒーリング