【12話目】くらべる

12 くらべる

 

ある日の朝のことです

女の子の「こころ」はパンを焼きながら

住んでいたまちで いちばんなかよしだった男の子で

とってもよくパンの焼き方をおしえてくれた子のことを

おもいだしていました

「あの子にはたくさんおしえてもらったし

いろんなことを てつだってくれたな・・・」

じつは 男の子の「こころ」は

この海にすんでいたので

おさかなをとるのは上手でしたが

パン作りが苦手で いっしょにパンをつくることが

できなかったのです

「いっしょにパンをつくるのが ふつうだったのに・・・」

おんなのこのピンクの宝石がすこしづつ

暗い色になってゆきました

 

https://twinray.jp/2018/03/26/%E3%80%9013%E8%A9%B1%E7%9B%AE%E3%80%91%E3%81%AA%E3%81%9C/

毎月2回開催・無料ヒーリング