過去とこころのヒーリング7

~かなえる 現実化することへのおそれをてばなす~

 

7日目め最終日は ねがいを現実することへのおそれを

てばなしてゆきましょう

 

 

この1週間にわたり 数々のおそれを勇気をもっててばなしてきた あなたに 精霊も わたし千からも おおきな拍手をおくります

 

 

わたしたちは 数限りなく過去世での経験を積んできたはずが

今世での経験 とくに究極のパートナーとの関係にかんしては

未知の領域なのです

 

もしも あなたのねがいがそういった

はじめての場所 はじめてのねがいの場合

行きなれていない分 こわさもありますね

 

現実がかわることを のぞんで

宣言をするのですが

「生活がかわる」 という場面で

とまどうことが 誰しもあるとおもいます

すこしでも とまどい、頭によぎるとき それは おそれといえます

 

1 すべてのおそれをてばなし ゆだねる

 

では おそれをてばなした後

ねがいを現実としたいとき どうすべきなのか

おつたえします

精霊 ガイド あなたをずっとずっと見守り

あいしてきた存在たちは

あなたが宣言してくれないと ことばにしてくれないと

あなたの自由選択もまもってくれるので 察してうごいてはくれません

 

察してほしい女子ごころには むずかしい相手ですよね

そんなときの 魔法のことば 宣言です

「わたし○○は すべてのおそれをてばなします

そして 願いを現実にするために精霊へとゆだねます」

 

察してないで この願いをかなえるために

フルパワーで応援してね

そんな意味合いですので

あなたなりの伝え方でもちろんOKです

 

2 ストレートにゆだねる

 

ただ 精霊 宇宙たちは ストレートな文法をこのみますので

できるならば・・・・
こうしなくてもいい・・・・

など イエスかノーか はっきりしない表現はさけましょう

また 概念に数字も時間も 制限はありませんから

あなたが遠慮して つたえても もやがかかるだけです

「(こんな夜中にねがっていいのかな) いま 彼に逢わせてください」

かっこの意識がつたわるので まっすぐつたわりません

 

宣言とは 本気さなので

どうしてそれがひつようか まっすぐ本気でつたわるように

いつも心がけましょう

 

たとえば

かきこむと絶対に現実になる 魔法の本があり

一生きえず ひとつだけを

さあ いまから10秒間でかきましょう

10 ・9・ 8・ 7  ・・・・・カウントされていくとしたら

どう書きますか?

 

まちがった願いをいわないよう シンプルにまっすぐと

ねがいをかきますよね

つねに まっすぐさをキープできるよう

いろんなおそれをくりかえし てばしてゆきましょう