過去とこころのヒーリング2

 

~異性へのおそれをてばなす~

 

2日目は 異性へのおそれをてばなすワークとなります

あなたはただ 漠然と

実際にこわい経験をした しないにかかわらず

異性をおそれてはいませんか?

 

まず人生ではじめての異性は 父母の存在です

そこでの経験 イメージが

わたしたちに こんな部分がこわい などと

深い部分に刷り込みをおこしている場合があります

また 今世はべつに体験してきたことを

かすかに覚えていることでの おそれ

からくる場合もあります

 

父母からうけるおそれは 1日目のワークでこえられますので

とおいとおい記憶からくる 異性へのおそれ

の部分へとワークしてゆきましょう

1 安心すること

 

あなたは異性にかぎらず とにかく 漠然と「こわい」

という感覚をおもちかもしれません

1日目でイメージした場所のように

あなたが 真に安心する場所が存在します

その周囲に わたしと精霊から ピンク色の

ふんわりとしたシャボン玉ドームを プレゼントします

こどものあなたの安心の場所には

愛あること ものしか はいってこれません

いろんな変化がおこってゆくとしても

それはあなたを愛しているからこそ

変わってゆく よくなるための変化です

まずは それをイメージし 理解してください

ことばにするのであれば

「わたし○○は 真に安心 安堵しています」

「わたし○○は 愛につつまれて安心しています」

2 過去世や体験からくる 異性へのおそれをてばなす

 

宣言のことばとしては

「 わたし○○は過去世での体験からくる

異性へのおそれを てばなします」

「わたし○○は これまでの体験による異性へのおそれを手放します」

 

異性からじっさいに こわい体験をした場合

ひとりきりでその時間 タイムラインへ戻るひつようはありません

これらの宣言によっても かるくならない部分に関しては

トークセッションでのヒーリングをおすすめいたします

3 真のパートナーと出逢うため

 

まだ出逢ってないかた 出逢っていても

パートナーが真のパートナーとなるために。

 

ここからは ツインレイパートナーに関する部分です

あなたのもうすでに一緒にいる 相手が真実のひとか

宣言によってハッキリきづいてゆくことが可能です

「わたし○○は真のパートナーと生活するおそれをてばなします」

「わたし○○は真のパートナーに愛されるおそれをてばなします」

どの宣言のときも

イメージ 感覚 うかぶ言葉など

たいせつにしてください

宣言したときに感じる 「真のパートナー」のイメージと

いまのパートナーを答え合わせしてみましょう

あなたが彼にあいされることの不安から 遠慮していての

ふたりの距離であれば すぐに解消してゆきます

ひとつの魂といえる 「ツインレイパートナー」であれば

永遠というときでいっしょなのです

(今後 ツインレイに関してひつようでしたら

ツインレイコネクトがおすすめです)

精霊のエネルギーと あなたの宣言によって

どんどん おそれをてばなす魔法が完成されてゆきます