過去とこころのヒーリング3

 

~同性へのおそれをてばなす~

 

3日目のワークは 同性にかんするおそれです

ここ2日のワークのように

過去世エネルギーとして おそれている場合や

過去の体験からくる刷り込みをてばなしましょう

1 過去の体験からくるもの

 

たとえば いじめられた経験から

あんな女子(男子) 女性(男性)にだけはなりたくない

なにか 女性(男性)全般を否定してしまった

拒絶する宣言をしてしまった場合があります

あてはまらないと感じる方も

こんな同性にだけはならない  などと

どこかで刷り込まれていませんか?

 

おとなたちからの場合が多いのですが

解き放ってみましょう

宣言 ことばはこちらです

「わたし○○は 真の女性性(男性性)をうけいれます」

「わたし○○は 女性(男性)へのおそれをてばなします}

2 過去世での同性へのおそれをてばなす

 

例として

魔法がある時代や 女性が権力をにぎった時代

また 逆に男性がすべての軸になる時代

あなたがおぼえていなくとも

かすかにそれらが魂のスパイスとして

のこっている場合があります

 

魔女として 黒魔法をたくさんつかった女性は

漠然と今世で ことだまにさえ とても配慮します

おなじエネルギーにならないとおそれなければ

あくまでも わたしたちは 「いま」をいき

体験してゆこうという存在だとおもいだせるはずです

 

ここでは てばなす魔法のことば 宣言をいいましょう

「わたし○○は 過去世においてのおそれをすべて手放します」

「わたし○○は過去世においての女性たち(男性)へのおそれを手放します」

 

あなたは 真の女性 真の男性として

おそれることなく いまを生きていきましょう